TEAM KUNIMITSU

  • TOP
  • MEMBER CONTENTS

Archive

会員限定コンテンツを閲覧するにはパスワードを入力してください。 LOGIN

会員登録はこちら→登録ページ
第5戦富士 ベストショット by オフィシャルフォトグラファー
2018年8月17日

RAYBRIG-MSサイトのオフィシャルフォトグラファーによる、とっておきの写真を毎戦紹介する企画。
今回は第5戦富士から3枚ご紹介します。

  • 【写真の解説】決勝レース中ピット作業より一コマ。動きがあるように見せるようシャッタースピードを落としぶらし気味に撮影。


  • 【写真の解説】ダンロップシケインを果敢に攻めるRAYBRIG NSX-GT。ドライブはジェンソン・バトン選手


  • 【写真の解説】決勝レース終盤、表彰台を目指し最後のスティントを山本尚貴選手が必死に追い上げる。




第4戦タイ ベストショット by オフィシャルフォトグラファー
2018年7月17日

RAYBRIG-MSサイトのオフィシャルフォトグラファーによる、とっておきの写真を毎戦紹介する企画。
今回は第4戦タイから3枚ご紹介します。

  • 【写真の解説】第4戦の舞台であるチャンインターナショナルサーキットは、ジェンソン・バトン選手にとっては初めてのサーキット。
    金曜日のコースウォークでは、入念に下見を行なっていた。


  • 【写真の解説】グローブをはめ、公式予選Q1に備えるジェンソン・バトン選手


  • 【写真の解説】チャンインターナショナルサーキットを駆け抜ける
    RAYBRIG NSX-GT




「RAYBRIG NSX-GT 2018」Rd.1~Rd.4 OMNIBUS 
2018年7月10日


第3戦鈴鹿 ベストショット by オフィシャルフォトグラファー
2018年6月1日

RAYBRIG-MSサイトのオフィシャルフォトグラファーによる、とっておきの写真を毎戦紹介する企画。
今回は第3戦鈴鹿から3枚ご紹介します。

  • 【写真の解説】搬入日より一枚。
    ピット作業を0.1秒でも早く終わらせマシンをコースへと戻せるよう、タイヤ交換を黙々と練習するTEAM KUNIMITSUのメカニックたち。
    今回、2位表彰台を獲得したが、その裏にはこうした日々弛まない地道な努力が隠れているのだ。


  • 【写真の解説】公式予選Q1に臨むジェンソン・バトン選手。
    正面からはの撮影は気が散るかなと思い、横から撮ってみる。
    サイドミラーを前ボケに使い、真剣な眼とRAYBRIGのイメージカラーであるブルーを合わせてみた。


  • 【写真の解説】決勝レース終盤、勝利を目指しトップを走る8号車を必死に追いかけるRAYBRIG NSX-GT。




第2戦富士 ベストショット by オフィシャルフォトグラファー
2018年5月15日

RAYBRIG-MSサイトのオフィシャルフォトグラファーによる、とっておきの写真を毎戦紹介する企画。
今回は第2戦富士から3枚ご紹介します。

  • 【写真の解説】公式予選時よりジェンソン・バトン選手の一コマ。
    2位表彰台に上った岡山大会を経て、参戦2戦目のここ富士スピードウェイではどんな展開を思い描いているだろうか。


  • 【写真の解説】公決勝レース中盤、満員のグランドスタンドをバックにサイドバイサイドのバトルを見せるRAYBRIG NSX-GT。
    ジェンソン・バトン選手がドライブ


  • 【写真の解説】決勝レース終盤、西陽を浴び、チェッカーを目指すRAYBRIG NSX-GT。
    ドライバーは山本尚貴選手。




第1戦岡山 ベストショット by オフィシャルフォトグラファー
2018年4月25日

RAYBRIG-MSサイトのオフィシャルフォトグラファーによる、とっておきの写真を毎戦紹介する企画。
今回は開幕戦岡山から3枚ご紹介します。

  • 【写真の解説】決勝レーススタート前グリッドにて。
    この時、山本尚貴選手はもとより、ジェンソン・バトン選手も非常にリラックスした表情に見え、どことなくではあるが、何かやってくれるんじゃないかという期待感を感じずにはいられなかった。



  • 【写真の解説】決勝レース中盤、ピットストップのシーン。
    このカットは、もうすでにドライバー交代を済ませていて給油もそろそろ終わる頃、ではあるが、タイヤ交換をしている様子もなく、この直後、給油が終わるや否や猛ダッシュで飛び出して行った。
    チームがタイヤ無交換作戦を敢行した瞬間である。


  • 【写真の解説】決勝レース終盤、ピット作業の撮影を済ませコースに戻り、さあ後半の走りを撮影しようと構えたら、いきなりこのようなシーンが飛び込んできた。
    なになになにこれは!??
    と、なぜトップから2番手を走行していた17号車とサイドバイサイドになっているのか
    訳がわからないまま、でもすごいシーンだったので押しまくったカットである。





「RAYBRIG NSX-GT 2018」in FUJI TEST BEST PHOTO
2018年4月10日


「RAYBRIG NSX-GT 2018」in OKAYAMA TEST
2018年3月27日


「RAYBRIG NSX-GT 2018【PHASE01】フォト」
2018年3月12日


PAGE TOP